シニアマンションのようなイメージもあった

高齢者向け住まい・施設などの有料老人ホームの分類は、介護を必要としない高齢者を対象にした健康型、介護が必要になったとき併設あるいは外部にある介護サービスをうける住宅型、さらにいったん入居してほとんどすべてのサービスを施設内で受けられる介護付きといわれるのがあります。

そして、健康型、住宅型と呼ばれるのは、健康で自立度が高い高齢者が利用する施設で、どちらかといえばシニアマンションみたいなイメージのものがあります。
価格設定も割と高額で、1億円を超える施設もあるのです。
介護付き有料老人ホームを選択したら、その利用料の一部が介護保険で賄われて、料金的に他に比べて若干安く設定されてます。

これら施設は、ホームスタッフから一体的に介護サービスが提供され、状況によりますがかねがね重度になっても対応可能な仕組みなのです。
認知症対応、終身とうたってる施設があり、医療を必要とならない限り最後まで利用できる施設があります。
そして、生活空間が基本で、個室で一人当たり一室の面積が18平米以上と部屋広く設定されています。

コメントする