認知症の疑い!?老人ホームとの対応では

アルツハイマー型認知症は、発症してから診断がおりるまでに時間がかかります
本人に物忘れの自覚が無く、家族も年齢を考えると多少の衰えは仕方ないと思ってしまうためです。
そのため、自宅で生活していた場合、発症してから病院を受診するまで、短くても6ヶ月くらいはかかってしまうのが普通です。
その間に施設を探していて、万一、施設が入居を受け入れることになった場合、問題が生じやすいと言えます。
入居に際して、日常生活で困っていることを話す時、物忘れがひどいということが、正確に施設側に伝わらないことが少なくありません。
本人が物忘れを徹底的に否定するためです。施設側は、加齢による物忘れという認識に止まります。

認知症の初期では、本人が物忘れを徹底的に否定するのが特徴です。
物忘れをしたということすら忘れてしまう一方、自尊心は正常に保たれているからです。施設側との打ち合わせでは、本人、家族、施設スタッフの三者面談が行われるのが普通です。
その際、施設側はどうしても本人の意向を重視します。
物忘れがあって、認知症の診断を得ていない期間、老人ホームから入居を受け入れるとのアプローチがあったら、普段の様子を家族はメモにして、短時間で施設側に伝えられるように配慮しましょう。
施設側に実態を伝えていないと、入居後にトラブルが生じた際、退去を迫られ、金銭的な問題に発展する可能性があります。

コメントする