スタッフの手厚いケアが必要な認知症入居者

アルツハイマー型認知症でも入れる老人ホームを探すことは、最近はあまり難しいことではありませんでした。特に胃ろうとか人工肛門の手当のように、医療の知識が必須になる場合、専門家がいるかいないかということが問題になります。アルツハイマー型認知症の場合は、程度にもよりますが、研修を受けた、気の長い、温厚なスタッフがいれば何とか回していくことが可能です。手厚い介護、看護師24時間常駐しており、認知症に強い施設と言えば、ヒルデモアたまプラーザⅠです

認知症ケアに基づいた研修とは、入居者の症状を問題行動として捉えるのではなく、本人の心の声と理解し、その気持ちに沿ったケアの工夫やアイデアを導きだすということを目指していますが、実際は難しいです。

大切なのは、入居者一人に対するスタッフの手厚いケアが入るかを見極めることが必要です。アルツハイマー型認知症のケアは、スタッフとするとあまり張り合いがないので、モチベーションを保つのがしんどい入居者ではあります。其の辺りのことは、ホームページだけではわからないものです。実際に見学に行くなり、既に入っている人のクチコミを頼りにするのが一番でしょう。格安老人ホームは避けることが賢明でしょう。

コメントする