アルツハイマー型認知症でも入居可能?

日本では、認知症高齢者が増え続けています
それに伴って、介護職員の人出不足が深刻になっています。
その中でも、評判の良い質の高いケアを提供している施設は、日本中にたくさんあります。

アルツハイマー型認知症を発症した方の場合、その人に寄り添ったケアをしてくれる職員がいる施設を探すことがとても重要になってくると考えます。
 まず、入所するにあたりケアマネジャーの力を借りなければ、施設へ入所することは大変です。ケアマネジャーには、入所される方が認知症であること、どの程度の認知症なのかをしっかり伝える必要があります。
 さらに、ケアマネジャーには、「入所できる施設には認知症ケア専門士がいると心強い」というようなことを言っておけば、条件に合った施設を探してくれると思います。

 そして、必ず施設見学に3回以上は見学に行きましょう。それも、見学に行く時間帯を変えて見に行くことをお勧めします。これは、介護事故や虐待などがないかを確認するためです。
 最近は、介護職員の中でも認知症に関する研修会に参加する人が増えています。
たくさん、勉強していてもトラブルになることが多いのが認知症高齢者です。施設の認知症への取り組みについて、ネットなどで調べることも大切なことかもしれません。
良いサービス提供してくださる施設を探してみましょう。

コメントする