アルツハイマー型認知症でも入れる老人ホーム

アルツハイマー型認知症とは脳の萎縮に、より認知機能が落ちていく病気です。
比較的に歩行や日常生活の動きなどの運動機能は維持されますが、どんな風に行動したら良いのかがわからなくなっていくので、日常生活を送る上ではさまざまな他者からの指示が必要になってきます。

現在の日本ではアルツハイマー型認知症の割合はかなり増えています。
そのなかで、受け入れてくれる老人ホームはさまざまありますが、一番安く済ませられる老人ホームの特別養護老人ホームは中度から重度に進行したアルツハイマー型認知症だといえます。

なぜなら、特別養護老人ホームは要介護3以上でないと入居出来ないからです。
わたしが思うアルツハイマー型認知症の方にお勧めというのは、グループホームです。
グループホームとは認知症対応型共同生活介護と言われ、認知症の方ばかりで日常生活を送り、その職員はさまざまなサポートをして生活を送ってもらえるようにしていきます。
認知症は対応が難しいので専門の対応が、出来る場所がよいと思います。

介護3以上でないと入居出来ないからです。
わたしが思うアルツハイマー型認知症の方にお勧めというのは、グループホームです。
グループホームとは認知症対応型共同生活かいと言われ、認知症の方ばかりで日常生活を送り、その職員はさまざまなサポートをして生活を送ってもらえるようにしていきます。
認知症は対応が難しいので専門の対応が、出来る場所がよいと思います。

コメントする