症状にあわせた老人ホームを選ぼう

アルツハイマー型認知症になってしまって、介護が難しい。アルツハイマー型認知症でも入れる老人ホームを探していると、色々な種類のものがあって迷ってしまいます。
養護老人ホーム、軽費老人ホーム、介護付き有料老人ホームなど、して欲しいサービスなどの内容によって選んでいくものなのですが、ぱっといわれてもわからないですよね。

アルツハイマー型認知症の高齢者を受け入れてくれる介護施設で代表的なものがグループホームというものです。今回はグループホームについて少しお話していきます。たくさんの種類がある介護施設の中で、グループホームがなぜいいか。それはグループホームが認知症の高齢者同士でグループを作り、共同生活をするという施設だからです。介護サービスを提供するだけですと、いかにも老人ホームでみてもらっている感じが強くなってしまい、入居者の色々な意欲を欠いてしまう可能性があるのです。

そこでグループホームにすると、お互いがお互いのことを助けよう、何かをしてあげようという気持ちが認知症の症状の進行を抑える働きをしてくれるのです。認知症になってしまったからといって、全てのことが出来なくなるわけではありません。症状が軽いうちは特に、やることを奪ってしまう結果になってしまうと余計に気持ちが塞ぎこんでしまったり、症状を悪化させてしまうことになります。アルツハイマー型認知症でも入れる老人ホームも種類があります。入居される方に合ったものを選べるように色々調べてみましょう。

コメントする