有料老人ホーム

アルツハイマー型認知症の方が有料老人ホームに入るなら、介護付きを探すようにします。
有料老人ホームは民間企業が運営しているため、幾つかのスタイルがあります。
健康なときから入れる「健康型」や「自立型」、介護を取り入れることが出来る「住宅型」、入所の段階で介護が必要な方なら「介護付き」という感じです。
民間企業が運営しているため補助金が受けられません。ですので入所と月額の費用は高くなります。しかし、施設整備が充実していることや、ほとんどが個室であること、介護スタッフが充実しているなど、公的機関が運営している老人ホームより快適だそうです。


例えて言うなら、国立あるいは都道府県立病院と民間病院の違いになります。民間だと綺麗、サービスが行き届いているといったイメージがあるでしょう。
ただ、アルツハイマー型認知症患者を受け入れているところは少なく、入所しても団体生活を著しく乱すことがあれば退所させられることもあります。


介護付きの有料老人ホームを選ぶなら、ターミナル(終身)ケアまで可能かどうか、アルツハイマー型認知症以外の持病にも対応出来るか(併設あるいは提携医院の有無)という視点で考えると良いかと思います。