グループホーム

アルツハイマー型認知症の方に適していると言われる老人ホームには「グループホーム」があります。
ここでは認知症の患者だけを入所対象としており、同じような方の中で集団生活をし、認知症の減退と維持を図るところもあります。買い物や家事なども職員と共に皆で協力して行うようです。


グループホームに入るには、要支援2以上の介護認定を受けていなければならず、進行が進み対応仕切れない場合、退所せざるを得ないこともあります。また、地域密着型サービスとして位置づけられているため、入所はお住まいの地区町村ということになります。
入所年齢は65歳以上で、運営は民間のところもあり、特色はそれぞれですので、いくつかのグループホームをあたり、アルツハイマー型認知症の患者さんに合いそうなところを探した方が良いでしょう。


グループホームの良い点は、少人数で家族的な環境で過ごすことが出来ることと、自立した生活が営めるような工夫をしているため、病気の進行を遅らせることが出来きることです。アルツハイマー型認知症は治る病気ではありません。しかし、進行は遅らせることが出来るのです。
こちらの居室は全て個室となっており、住宅で数人が共同生活を送るようなスタイルです。